初めての一人暮らし!失敗しないための部屋選び15ポイント

未分類

f:id:kirin0817:20180322100459p:plain

 

どーもーー!

こんにちはきりんです。

初めてこのブログ読んだって人は名前だけでも覚えて帰ってくださいね。

早いものでもうすぐ4月ですよー。

4月と言えばスタートの月!

なにかと環境が変わる時期ですよね。

僕らも頑張っていかなアカンな~言うてやってますけどね。

この時期に一番、大変なこと。

それは

初めての部屋選び

ですよね。

そこで今日は9年間の一人暮らしの経験を活かして、失敗しない部屋選びのポイントを伝えていきたいと思います。

内見する前にだいたい決めておくといいこと

大体の人が最初にスーモで部屋探しすると思います。

まずは内見する部屋を絞り込むんですけど検索条件が多くて初めての人は何が何だか分かりませんよね。

そこでまずは部屋を絞り込むためのポイントを書いていきます!

絶対に譲れない条件を2つ決める

まずは直感でいいので絶対に譲れない条件を2つくらい決めておくといいです。

僕の場合は

風呂、トイレ別と職場からの距離です。

これは内見する前に決めておいてください!

内見すると「あ、ちょっと希望の条件と違うけどこの部屋いいわ〜」なんて揺らいじゃうので。

部屋を見る前!冷静に判断できる時に考えておくといいです^^

ちなみに2つっていうのは1つだと当てはまる部屋が多すぎて絞りきれないからです。

広告

 

新築、築浅はよく考えて

新築物件や築浅物件ってキレイでいいですよね。

だけど家賃も割増になってますから!

同じマンション内の同じ間取りの部屋でも新築に入った人と5年後に入った人では払ってる家賃に違いがあることもあります。

どーせいつかは引っ越す家。

少しくらい古くたって

いいじゃない。

家賃は払えそうな額−5000円くらいに

次はみんな気にする家賃のお話です。

初めて一人暮らしする人はどれくらいの家賃の部屋に住めばいいんだろう?

なんて悩んでる人もいるんじゃないでしょうか。

「月給がこれくらいだから〜」

とか

「仕送りとバイト代がこれくらいで〜」

って計算してる人もいると思います。

だけどね…

計算通りになんて絶対にいかない

これが世の常なんですよね。

一人暮らしって本当に予想外の出費が多いこと。

もはや意味不明です。

奇々怪々です。

魑魅魍魎です。

そんな状態なのでなるべくお金には余裕を持たせましょう。

実際にこれくらいなら払えるなって額から5000円引いたくらいでちょうどいいと思います。

部屋の広さ

続いては部屋の広さ。

広い方がいいっていうのは間違いないです。

だけどね。

部屋の広さっていうのは住んでみると意外と気にならない!

起きて半畳、寝て一畳。天下取っても二合半。

とはよく言ったものです。

狭いなら狭いなりに工夫できるのが人間の素晴らしいところです。

だけど

ユニットバス

これだけは別です!

狭い部屋を広く使うことは工夫次第で可能です。

だけど

ユニットバスを工夫して風呂トイレ別にはできないんです。

これだけは覚えておいてください。

エリア選び

さ、しんみりした気分とはおさらばして次は住むエリアを決めようぜ!

住むエリアは職場or学校に近ければ近いほどいいです。

一人暮らしの部屋なんて究極的には

寝るため

のものなんです。

だからこそ通勤、通学に無駄な時間を取られることなく、ゆっくり寝れる環境っていうものを重要視してます^^

多少、家賃が上がったとしても近い方を選んだ方がお得な気がします。

(そんなこと言えるのは地方民だけかもしれませんが…)

ちなみに事故物件とか気にする人は

www.oshimaland.co.jp

これも見ておくといいかもしれません。

隣人の音を気にするなら鉄筋系のお家

次は建物の構造です。

アパートに住むと隣の人の生活音ってけっこう気にしちゃうんですよね。

そんな僕みたいなナイーブさんは部屋の構造はチェックしておいた方がいいと思います!

構造による防音性能は

鉄筋>重量鉄骨>軽量鉄骨>木造

って順番になってるので静かに暮らしたいって人は鉄筋系の構造の作りがいいと思います。

方角

南向きやら西向きってやつですね。

一人暮らしの場合は

なんでもいい

と思います。

平日は日の当たる時間はほとんど家にいないし、いてもカーテン閉めっぱなしって人もけっこういるので。

広告

 

実際に内見するときのチェックポイント!

だいたい、部屋を絞り込んだら次は実際に内見してみましょう!

内見の時に見ておくといいポイントを書いていくよっ!

郵便受け、共用部分

まず部屋に入る前に住人の郵便受けや共用部分が散らかってないか確認しておきましょう。

チラシが散乱してるとかルール無用で荷物を置いてるってところは地雷住人がいる可能性が大です!

コンセント、電話線、テレビの壁面端子の位置はチェック

内見の際に意外と見落としがちなのが

コンセント、電話線、TVの壁面端子の位置です。

この位置で家具の配置も変わるのでしっかりチェックしておきましょう。

僕が以前、内見した部屋はリビングの壁のド真ん中にコンセントがありました。

「これ、何のためのコンセントですか?」

「冷蔵庫ですかね?」

「リビングに!?」

っていうやり取りもあったので気をつけて欲しいです。

何でも実際に動かしてみる

初めて内見するときは不動産屋のお姉さんに気を使って大人しくなりがちですけど、せっかく見に来てるので動かせるものは動かしてみましょう。

・トイレの水を流してみる

・シャワーを出す

・キッチンの換気扇や電気がちゃんと動くか

・ドアや窓はしっかり開くか

・エアコンは壊れていないか

・チャイムを押してみる

等です。

これから何年か住む部屋を数十分の内見で決めようとしてるわけです。

遠慮してる場合じゃないですよ!

隣人のベランダを見る

内見のときにベランダに出て隣人のベランダもさり気なくチェックしちゃいましょう!たまにベランダがゴミ山みたいになっている人もいるので怖いです…

虫とか異臭とかありますからね。

さり気なくチェックしましょう!

過去にトラブルやクレームが無かったか聞いてみる

部屋の中や共用部分、隣人ベランダチェックで不安を感じたら過去にトラブルやクレームが無かったか聞いてみましょう!

意外と

「こういうクレームがありましたね〜」

とか

「こういうことがありましたね〜」

とか教えてくれますよ^^

これも遠慮してる場合じゃないので不安なことはどんどん聞いてみましょう!

時間に余裕があれば近所を歩いてみる

時間に余裕があるなら物件の周りや近所を歩いてみましょう。

内見のときはアパートの正面しか見ないので裏側や近所のことは分かりません。

捜査は足で稼ぐ。

これが刑事の基本です。

実際に歩いてみないと分からない情報もたくさんあるので時間に余裕があるなら実際に歩いてみることをオススメします。

最後は直感で!

どんだけ絞りこんでも決めきれないときってあります。

そんなときは直感を信じましょう!

Don’t think ! Feel

なんかいいな

とか

なんかヤダな

って感覚は意外と当たります。

自分を信じましょう!

 広告

 

おわりに

僕がそろそろ引っ越しをしようと思ってたので過去の反省点をまとめてみよう。と思って書き始めたこの記事。

誰かのお役にたてれば幸いです^^

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント